【まずはお電話を】

「ねつ」「せき」「息苦しさ」このような症状がある方は、来局前にまずお電話でお知らせください。
医療機関や薬局における感染予防に、みなさまのご協力をお願いいたします。
ファースト薬局宮島口店
【電話】0829-30-8919

「0410対応」に関しまして

若い女性の子宮頸がんを予防するワクチン【HPVワクチン】を、ぜひ受けてください。

薬剤師のお仕事

HPVワクチンは、子宮頸がんや肛門がんなどの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)への感染を防ぐことができます。小学校6年生から高校1年の女子は公費でうてる定期接種となっていますが、接種後に一定の割合で起こる体調不良を様々なメディアが報じたため、厚生労働省が「積極的な勧奨」を差し控えるよう自治体に言いました。「積極的な勧奨」とは、市町村が対象者やその保護者に対して、標準的な接種期間の前に、接種をうながすハガキ等を各家庭に送ること等により積極的に接種をお勧めする取り組みを指しています。

【がんのことは、国立がん研究センターの、がん情報サービスというサイトで調べよう】
子宮頸がんってなに?どのくらいの人がかかるの?死ぬこともありますか?等、疑問に思ったことを調べるサイトです。がんの病名や臓器別で探し、がん統計のページを確認しましょう。このサイトによると、子宮頸がんと診断された人は10978例(2018年)、死亡数は2921人(2019年)です。年間1万人くらいの女性が罹患し、3000人くらい亡くなるということがわかります。グラフでみると30歳前後で急激に増えることがわかります。

さて、「積極的な勧奨」を差し控えた結果、日本では接種率が70%から1%未満に激減(海外では80%ぐらい)、自分が対象者であることも知らない世代が増え、無料でうてるチャンスを逃すひとが増えました。このままでは予防できなかった女性が子宮頚がんで亡くなります。そのため厚労省が、対象者に個別に通知をおこなうよう自治体に呼びかけました(2020年10月、2021年1月)。「あなたは無料で予防接種が受けられますよ」という通知です。しかし、急な話であったため通知をおこなわなかった自治体もあるようです。

子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)について - 広島市公式ホームページ
子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)について

広島市は、2020年10月にサイトが更新されていますね。

子宮頸がん予防ワクチン - 廿日市市公式ホームページ

廿日市市は情報が少ない。2020年10月に出されたリーフレットの案内もない。

厚労省が2020年10月に出したピンクとブルーのリーフレットをぜひ読んでくださいね。

小学校6年~高校1年相当の女の子と保護者の方へ大切なお知らせ(概要版)

https://www.mhlw.go.jp/content/000679259.pdf

小学校6年~高校1年相当の女の子と保護者の方へ大切なお知らせ(詳細版)

https://www.mhlw.go.jp/content/000679261.pdf

さぁ、病気を知り、その予防方法を知ったら、つぎは「どこで接種できますか?」なのですが、病院にも常に在庫しているわけではありませんので、電話をして、接種できるか相談をしてみましょう。産婦人科にかかったことがなくて嫌だ、という学生さんもいらっしゃるかもしれませんが、じつは産婦人科でなくてもかまいません。かかりつけの小児科でもいいですよ。不安に思うことがあるならば、「相談しやすい病院」であることがいちばんだと考えます。
HPVワクチンの取り扱いがあるかどうかは下記「救急医療ネットひろしま」で検索して、電話で聞いてみましょう。ワクチンごとの取り扱い医療機関を調べられます。
「いろいろな条件でお医者さんをさがす」→「予防接種から探す」→「ヒトパピローマウィルス感染症」

救急医療 Net Hiroshima
広島県のための医療機関・医療情報検索サイトです。

ここ8年の日本では、厚生労働省が「積極的な勧奨」を差し控えたため、多くの人に必要な情報が届いていない状態です。その間にHPVワクチンの有効性が明らかとなり、世界的に需要が増えました。他国では男性も接種をおこないます。今後HPVワクチンは世界的に品薄になり、簡単には打てなくなることも心配されています。日本はだいぶ遅れをとっており、厚労省もあまりそのことに緊張感がありません。
「積極的な勧奨」はされていませんが、小学6年生から高校1年生の女性は無料接種の対象です。ご本人やご家族がしっかり調べて自分で医療機関を選び、無料で接種することが可能です。よく考えてもらいたいので急かしたくはないのですが、高校1年生の女性は、3月までに3回の接種を無料で終えるために、9月に1回目を接種する必要があります。ぜひぜひ自分で情報をあつめ、決めてもらいたいと思います。

とにもかくにも、厚生労働省が「積極的な勧奨」を再開し、他国のように日本でも、子宮頸がんで亡くなるお母さんや、母親をうしなう子供たちが、すこしでも減りますように。

みんパピ!のサイトのQ&Aをぜんぶ読んだら、自分が疑問に思ったことや、知らなかったこと(を他の人が聞いてくれている)など、おおよそのことが理解できます。知識を得て不安を解消しましょう。

みんパピ!

みんパピ! – みんなで知ろうHPVプロジェクト
みんなで知ろうHPVプロジェクト

【2021/9/2追記】2021年8月31日厚生労働大臣記者会見HPV ワクチンの積極的な接種勧奨再開に関する厚生労働大臣の発言についてMSD株式会社のステートメント

HPV ワクチンの有効性および安全性を再確認する国内外の科学的エビデンスはすでに十分蓄積されており、このような状況下において、今回、厚生労働省が検討の期限を明示しないまま、積極的な勧奨再開の事実上の先送りともとれる状況となったことを遺憾に思い、厚生労働大臣が会見で言及された審議会における一刻も早い審議の開始を強く願います。

https://www.msd.co.jp/static/pdf/announcement_20210901.pdf
タイトルとURLをコピーしました